ころ柿づくり 6 & 脱渋柿試食

20101102105626.jpg最後にくん蒸が終わった柿を天日乾燥します

乾燥させる場所は雨が当たらず風通しが良く寒い北風が良く当たる場所がいいです

一ヶ月くらい乾燥させれば完成ですが、この間に柿を揉んだり、形を整えたり、寝かせ込み、粉出しという作業があります

最初、ころ柿づくりは皮を剥いて干しておけばいいと思っていましたが、かなり作業行程が多く大変ですね

良い値段がするのも納得です

ころ柿づくりの後は10月27日に脱渋した平核無(ひらたねなし)の試食をしました

脱渋後約一週間です

予想では、アルコール+炭酸ガス脱渋が一番おいしいと思っていましたが、一番おいしかったのは炭酸ガス脱渋でした

糖度も17度あり、とってもおいしかったです

アルコール脱渋はまだ渋味が残っていて、もう少し脱渋時間が必要ですね

おいしかった炭酸ガス脱渋の平核無は2個づつ袋に入れて長坂駅前の売店に出荷しました

一袋200円です

ぜひ食べてみてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です