らくらくカップ2 とトルキャップ

20120611080328.jpg20120611092041.jpg20120611095909.jpg20120611130232.jpg今日は早朝からジベレリン処理作業

天気は曇りです。雨降るな!

今日は巨峰、ゴルビー、デラウェアのジベレリン処理をしました

梅雨のこの時期のジベレリン処理作業はとても気を使います

それは、ジベレリン再処理の恐怖

ジベレリン処理後、約8時間以内に雨が降ると、またジベレリン処理をやり直ししなければならない

出来るだけ短時間でジベレリン処理作業を終わらせたい

そんな時の強い味方が「らくらくカップ2」

動画はこちら

今日は10時間ジベレリン処理作業をしましたが、この機械を使わず手作業で行っていたら、きっと倍以上の時間がかかったと思います

もうひとつの強い味方が去年から使い始めた「トルキャップ」

ぶどうが開花したあと、茶色い花冠(花カス)が出るのですが、すぐには落ちないため、これがぶどうの房に付いたままになると、そこから灰色かび病や果粒にキズが付いてしまう原因になります

このトルキャップをジベレリンに混ぜることで、花の充実を促進、花カスが落ちやすくなり、病気や果粒にキズが付く確率が低くなって、結果的においしいぶどうが出来るって訳です

成分は天然アミノ酸と料理等で使うシナモン

ジベレリン処理作業中はシナモンのいい香りがします

右下の写真は先日6月7日にジベレリン処理作業をしたサニールージュ

一昨年トルキャップを入れなかった時は茶色い花カスがいっぱい付いていましたが、トルキャップを入れたらほとんど花カスが落ちてきれいになっています

トルキャップ、なかなか使えると思います

今夜、深夜1時まで雨が降らなければジベレリン処理完了!それまで雨降るな〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です