接ぎ木2

20110114101056.jpgまず、赤玉土、バーミキュライト、パーライトを同じ割合で混ぜます

※赤玉土(あかだまつち)は赤土(あかつち)を粒状にしたもので、弱酸性、ほぼ無菌、肥料分無しの用土です

※バーミキュライトは蛭石(ひるいし)を高温で焼結処理して膨張させたもので、中性、ほぼ無菌の用土です

※パーライトは黒曜石や真珠岩を粉砕、高温で熱処理して発泡させたもので、中性の白い粒状の用土です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です