摘芯(てきしん)

33707834_1798908133525105_7624360471377739776_n

 

 

 

 

 

 

 

33661787_1798908136858438_8196666607326461952_n

 

 

 

 

 

 

 

今日もピオーネと藤稔の房づくり作業。

曇り空の一日です。

房づくりの時に勢いのある新梢は先端の芽を取り除く、摘芯(てきしん)という作業をします。

摘芯しないと、新梢はどんどん伸びていってしまいます。

摘芯をすることで、新梢を伸ばそうとする養分が房に向かうので、結果として粒が大きくなります。

人間で言うと「ぶどうの実なんか作ってられるか!」と反抗期になりそうな子供にちょっと落ち着けと、指導するような感じでしょうか?

ぶどうの新梢も伸びろって言われたり、伸びるなって言われたり大変ですが、おいしいぶどうづくりの為、がんばってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です